生活習慣病とは? 生活習慣病 情報Bank! 『生活習慣病の予防法』

生活習慣病とは/生活習慣病予防の基礎情報



生活習慣病とは、文字通り「日常生活におけるさまざまな生活習慣」が発病や進行に深くかかわっている病気です。
現在、日本人の約3分の2近くの方が、生活習慣病で亡くなっています。
日本人の死亡原因第2位の脳血管疾患(脳出血や脳梗塞)、3位の心疾患(心筋梗塞など)はいずれも生活習慣病です。

しかし、日々予防医学が進歩し、さまざまな生活習慣病の原因・危険因子が解明されつつあり、その多くは予防可能になっています。

生活習慣病は、数年前までは「成人病」と呼ばれていました。
以前は中高年がよくかかる病気だったので「成人病」と呼ばれていましたが、子供の成人病が年々増加し、これらの病気の原因が年齢だけではなく日常生活のさまざまな生活習慣に潜んでいるため、現在では「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。

生活習慣病には、いろいろな症状と疾患があります。
代表的な内臓脂肪型肥満糖尿病高脂血症高血圧はもちろんのこと、悪性腫瘍・脳卒中・肝臓病・腎臓病・骨粗しょう症・痛風・歯周病など実にさまざまな病気も生活習慣病に入ります。
日本人の死亡原因1位のガンについても、大腸ガンや肺ガンなどは、生活習慣病とされます。

生活習慣病の中でも、特に糖尿病・高脂血症・高血圧の3つの症状はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれ、自覚症状がでにくいため放置される場合が多く、よく注意しなければ見逃してしまいがちです。
気づかずに、そのまま放置しておくと動脈硬化をおこし脳卒中や心筋梗塞などの重大な発作につながることもあり、知らないうちに病気が進行してしまい、治療が遅れて最悪の場合命に関わることもあります。

このように、生活習慣病は自覚症状がなく発見しにくいため、予防するためには、定期的に健康診断を受診することがとても大切です。
今は、特に気になることがなくても、健康なときの状態をいろいろな検査の数値で知っておくことは、生活習慣病のように自覚症状のない病気をいち早く発見する唯一の手段といってもよいでしょう。

生活習慣病は30〜40歳代で急増します。
しかし、最近は発症年齢が低年齢化し、若い人や子供にもその兆候が見られるようになってきました。
これも食生活の欧米化運動量不足ストレスなどが原因になっていると考えられています。

生活習慣病は自覚症状がないことが多い病気です。
生活習慣病を予防するためには、生活習慣の改善を心掛けると共に、定期的に健康診断を受診しましょう。





≫≫生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!≪≪
症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。


内臓脂肪型肥満総合情報
  こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

糖尿病総合情報
  こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

高脂血症総合情報
  こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

高血圧総合情報
  こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。