死の四重奏とは? 生活習慣病 情報Bank! 『生活習慣病の予防法』

死の四重奏は怖い!/生活習慣病予防の基礎知識



生活習慣病の中でも、「内臓脂肪型肥満」「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」は互いに合併しやすく、これらはお互いに複雑に絡み合い相乗的に作用しながら動脈硬化をきたし冠動脈疾患(心筋梗塞)を発症させる原因になることが知られています。

とくに注意が必要なのが内臓脂肪型肥満です。
内臓脂肪型肥満が進むと、他の3つの病気も併発するリスクが高まるだけではなく、悪化するスピードも加速的に増加してしまいます。

例えば、内臓脂肪型肥満に加え、どれか1つが重なると冠動脈疾患(心筋梗塞など)のリスクが10倍に、2つ以上が重なる実に30倍にもなります。

このように、「内臓脂肪型肥満」に加え「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」の4つすべてが重なる非常に危険な状態のことを「死の四重奏」と呼びます。

今まで、あまり耳にする機会がなかった「死の四重奏」という言葉ですが、現在では「メタボリックシンドローム」とも呼ばれ非常に注目されています。






011-002.gif生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。



 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。