生活習慣病と遺伝の関係 生活習慣病 情報Bank! 『生活習慣病の予防法』

生活習慣病は遺伝しますか?/生活習慣病予防の基礎知識



遺伝的な要素も生活習慣病の発症要因の一つとして考えられますが、要素としては非常に少ないと考えられています。

例えば、遺伝的な要因として「太りやすい」などが上げられますが、だからといって、それだけでは生活習慣病が遺伝すると言い切れない部分が多くあります。

生活習慣病は、日常生活が深く関係しています。
家族の場合、同じ食事を取る場合が多く、味付けや好みの食べ物もよく似ています。

高血圧の家系では味付けが全般的に濃かったり(塩分過多)、糖尿病高脂血症の家系では甘いもの(糖分過多)や揚げ物(カロリー過多)のが頻繁に食卓に並んだりすることもあります。

その他、家族の休日のすごし方でも、スポーツをよくする家族と、映画鑑賞など室内ですごすことが多い家族では、運動量が違ってきます。

日常の食事や運動は生活習慣病と非常に大きな関わりがあります。
このようなケースから、生活習慣病は遺伝的要素は少ないと考えられます。





011-002.gif生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!


症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。



 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。