生活習慣病の早期発見法 生活習慣病 情報Bank! 『生活習慣病の予防法』

生活習慣病を早期発見するためには?/生活習慣病予防の基礎知識



生活習慣病の早期発見には健康診断を受診するのが一番です。
生活習慣病のように自覚症状のない病気を早期発見する唯一確実な手段です。

その結果、自覚がなくても検査値が病気を示すほど高い場合もあるかも知れません。
また、それほど深刻な検査値はなく、少し高めの数値をいくつかの項目で示しているだけ場合もあります。

しかし、だからといって安心はできません。

例えば、コレステロール値が少し高く血糖値も少し高い場合は、心筋梗塞になるリスクが正常な人と比べると、じつに16倍も高くなります。

このように、健康診断の検査値を高い低いだけで判断するのではなく、総合的に判断し検査値の改善を目指し、生活習慣を改善してゆくことが、生活習慣病を予防するためには大切です。

健康診断以外の判断方法は、やはり体型観察ではないでしょうか。

生活習慣病内臓脂肪型肥満は強い関連性があり、体型の変化はひとつの判断基準になります。

しかし、内臓脂肪型肥満は「かくれ肥満」とも呼ばれ、外見上は判断が付きにくいという問題点もあり注意が必要です。

また、生活習慣病は文字通り「日常生活におけるさまざまな生活習慣」が
深くかかわっている病気です。

日頃から「適正体重の維持」を中心に「適度な運動」「バランスの良い食事」「ストレスをためない」など、自分の生活習慣をチェックし健康管理を行うことが大切です。





≫≫生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!≪≪
症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。


内臓脂肪型肥満総合情報
  こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

糖尿病総合情報
  こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

高脂血症総合情報
  こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

高血圧総合情報
  こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。