生活習慣病の症状は? 生活習慣病 情報Bank! 『生活習慣病の予防法』

生活習慣病の症状は/生活習慣病予防の基礎情報



生活習慣病には、いろいろな症状と疾患があります。
生活習慣病の中でも、特に高脂血症糖尿病高血圧の3つの症状はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれ、自覚症状がでにくいため放置される場合が多く、よく注意しなければ見逃してしまいがちな点も大きな問題点です。

初期症状の例では・・・
高脂血症では「まぶたの黄色・ふくらみ」「足首が太くなる」。
糖尿病では「のどが渇く」「頻尿」「手足のしびれ」。
高血圧では「頭痛」「めまい」「耳鳴り」などがあります。
しかし、このような自覚症状に気が付いた時には、すでに病気が進行していまっているケースも少なくありません。

近年メタボリックシンドロームという言葉を耳にする機会が増えてきましたが、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプの内臓脂肪型肥満が生活習慣病と強い関連性があるということが解ってきました。

内臓脂肪型肥満は「かくれ肥満」とも呼ばれ、外見上は特に太っていない人でも「最近お腹が出てきたな〜」という場合は注意が必要です。

自覚症状がでにくい生活習慣病のなかで「お腹が出てくる」というのは、非常に解りやすい初期段階の自覚症状です。

最近太ったかな?と思ったら要注意です。
生活習慣病の予防のために、食事の改善と運動不足の解消を心掛け、健康診断を受診しましょう。





≫≫生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!≪≪
症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。


内臓脂肪型肥満総合情報
  こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

糖尿病総合情報
  こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

高脂血症総合情報
  こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

高血圧総合情報
  こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。